更年期サプリ

白井田七の効果は?口コミでの評判や成分など徹底解説

白井田七サプリは更年期の各症状にどう効果があるのか、口コミや成分、価格など全て調べてまとめました!

白井田七の特徴。どんな効果があるの?

田七人参は、中国で古くから免疫力を高める漢方薬として用いられてきました。

そんな田七人参ですが栽培から収穫までに約3~7年もかかることなどから、「金不換(お金に換えられないほど価値がある)」という別名があるほど、貴重なものとされてきました。しかし栽培自体が非常に難しいため、農薬や化学肥料などが使われる事も多いです。

そのため、田七人参を主成分としたサプリは数多くあるものの、それぞれ製造過程に違いがあり、品質にもバラツキがあるため、どれを選べばよいのか、なかなか難しい、というのが現状です。

そんな田七人参サプリの中でオススメ出来るのが、今回紹介する有機JAS認定の「白井田七」です。
白井田七は、徹底してこだわった無農薬・有機栽培法により、安全性と品質の高い田七人参サプリとなっています。その効能は、生活習慣病の予防、更年期障害による体調不良の改善、免疫機能の向上、糖尿病の予防改善など、様々な体調不良の改善が期待出来ます。

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることが出来ます。

この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

出典:農林水産省HP

白井田七の口コミでの評判

「田七人参は高麗人参の7倍の効果を得られると言われるだけあり、高い効果を実感出来ます。 私は根っからの低血圧ですが、白井田七を飲み始めてから、毎朝の寝起きがだいぶ楽になりました。ホットフラッシュも飲み始めてから起こらなくなりましたので快調です。」
「私も年齢による疲れやすさや倦怠感を何とかしたくて田七人参を飲み始めましたが、以前よりも朝スッキリと起きれるようになったと思います。また私は冷え性にも悩んでいましたが、以前よりも身体が温まりやすくなりました。」
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14180545314

「田七人参は、色んなメーカーから出てますが、わたしの場合は、結局口コミサイトでいちばん評価の高かった さくらの森の「白井田七のサプリメント」です。ほんとによかったです。」
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13156194058

「アドバンス 白井田七。
冷え性がひどかったのですが少しずつ改善されて来ました(*´∇`*)
また、朝の目覚めが悪かったのですが朝スッキリ起きられる日が増えた気がします
色々なサプリメントを今まで試してみましたが、効果を実感出来るものでした」

田七人参サプリの中でも、白井田七は評判が高いようで、効果があると選ばれているようですね。

白井田七の成分解析

【原材料…有機田七人参(98%)、有機玄米(2%)】

白井田七の成分分析結果
4粒あたり
【人参サポニン】
ジンセノサイドRb1…46mg
ジンセノサイドRg1…49mg
合計 95mg

【アミノ酸】
アルギニン…8.34mg
リジン…2.63mg
ヒスチジン…2.32mg
フェニルアラニン…2.73mg
チロシン…1.85mg
ロイシン…3.54mg
イソロイシン…1.94mg
メチオニン…0.85mg
バリン…2.25mg
アラニン…2.48mg
グリシン…1.95mg
プロリン…2.32mg
グルタミン酸…5.58mg
セリン…1.91mg
ステオニン…2.3mg
アスパラギン酸…5.76mg
トリプトファン…1.16mg
シスチン…1.08mg
γ-アミノ酪酸(ギャバ)…1.52mg

【栄養成分】
エネルギー…4kcal
たんぱく質…0.08g
脂質…0.01g
炭水化物…0.84g
ナトリウム…0.04mg

【ミネラル】
リン…3.1mg
鉄…3.43mg
カルシウム…1.93mg
カリウム…11.4mg
マグネシウム…1.79mg
亜鉛…0.047mg
銅…0.123mg
マンガン…0.0367mg

【ビタミン】
ビタミンB1サイアミン…0.0029mg
ビタミンB2リボフラミン…0.0017mg
ビタミンB6 …0.0008㎍
ビタミンB12…0.0095mg
ビタミンE…0.005mg
ビタミンK フィロキノン…0.02㎍
葉酸…0.27㎍

白井田七には下記の有効成分が含まれています。

サポニン デンシチン ナトリウム カロチン ステロール アミノ酸19種(ギャバなど)
ビタミンB1 マグネシウム カルシウム ビタミンE カリウム 田七ケトン
ビタミンB6 リン 有機ゲルマニウム ビタミンB12 鉄 ビタミンB2 亜鉛 銅
葉酸 マンガン フラボノイド

では、それぞれの有効成分にはどういった働きがあるのかみていきましょう。

※サポニン…コレステロールや中性脂肪を除去する効果があるため、ダイエット効果や血のめぐりを良くする効果があります。また、血糖値を下げる効果もあります。

※デンシチン…止血効果、鎮痛作用、子宮出血の止血効果などがあります。

※ギャバ…精神のリラックス効果があり、イライラ解消、安眠効果もあります。

※有機ゲルマニウム…サポニンとともに、ストレスを軽減したり免疫力を高める働きがあります。

※フラボノイド…抗酸化作用やデトックス作用、ストレスの緩和、血液サラサラ効果などにより、更年期障害による様々な不調の改善に効果があります。

各更年期症状への効果

白井田七は、更年期障害などによる体調不良の改善によいという事ですが、具体的にどんな不調に対して効果があるのでしょうか。

めまいへの効果は?

白井田七には高麗人参の7倍ものサポニンが含まれています。
サポニンには血流を良くする効果がある事から、血のめぐりが悪くなっている事で起こるめまいの改善に効果があります。

ネット上のクチコミにも、白井田七を飲んでめまいがなくなったという報告が数多く寄せられています。

のぼせ、ほてりへの効果は?

更年期では、血のめぐりが滞る事により、のぼせやほてりにも悩まされます。前述のとおり、白井田七には血流改善効果がありますので、もちろんのぼせやほてりに対する効果も期待出来ます。

イライラへの効果は?

白井田七に多く含まれるサポニンには、自律神経のバランスを整える作用もあり、また、サポニンの他にもリラックス効果のある、フラボノイドやギャバも含まれている事などから、更年期の症状であるイライラ感の軽減にも良い効果があります。

肩こりへの効果は?

血のめぐりを良くしたり、自律神経のバランスを整える事により、更年期や、ストレス等によりコチコチに凝り固まった肩をほぐす効果もあります。

肌荒れへの効果は?

加齢とともに減少する女性ホルモン。ホルモンバランスが崩れてしまう事で、お肌が荒れてしまいます。女性ホルモンの自然な分泌を促すには、サポニンやフラボノイド、ギャバの摂取が推奨されています。

白井田七には、それらすべてが含まれていますので、ホルモンバランスを整えて、肌荒れの改善につながります。

疲れ、眠気への効果は?

更年期障害によるだるさ、眠気、疲労感…これらの症状もやはり自律神経やホルモンのバランスが崩れる事によって起こります。

サポニンを豊富に含む白井田七を摂る事により、血のめぐりを良くして代謝を促し、だるさや疲労感・眠気を解消する事が期待出来ます。

痛風にも効果あるの?

食べ過ぎや過度の飲酒、ストレスなどが原因で尿酸値高くなる事により起こるとされる痛風。白井田七に含まれるサポニンのデトックス効果により尿酸値を下げる効果が期待出来ますので、痛風の予防、改善のため、食事療法や運動療法と共に白井田七の摂取をオススメします。

白井田七に副作用はあるの?

白井田七は、原材料が有機田七人参(98%)、有機玄米(2%)と天然素材のみですので、安心出来るサプリとなっています。また、田七人参自体は基本的に副作用は少ないのですが、漢方というものは飲みはじめの1~2週間には、いわゆる好転反応(症状が一時的に強く出る反応)が出る場合があるようです。

好転反応とは副作用ではなく、体質が良い方向へと変化しているサインだと考えられており、漢方の世界では、むしろ常識とされているようです。但し、個人の体質により、合わない場合があるかもしれませんので、気になる場合にはかかりつけ医などに相談しましょう。

ホルモン治療中に飲んでいい?

白井田七は、サプリ=健康食品ですので、基本的に他の治療と並行して飲んでも問題ありませんが、気になる方は、かかりつけ医と相談してみましょう。

白井田七の価格比較。どこで買うのが得?

白井田七は、街の薬局やドラッグストアでは販売されていません。アマゾンなどの通販サイトから購入可能ですが、一番お得に購入するには、公式サイトがオススメです。

一袋120粒入りで、通常価格6,480円(+税)のところ、初回購入特別価格が、3,980円(+税)と39%OFFに、初回以降、定期購入する場合は、5,148円(+税)と20%OFFになります。また、送料及び代引手数料も無料です。

お試しトライアルはある?

公式サイトにて、お得な初回限定お試しセット『1袋4粒入り×6袋』が、980円(税込み)で購入出来ます。まずは味などを試してみたい、という方にオススメです。

白井田七の飲み方は?いつ飲むのがよい?

白井田七は、サプリ=健康食品ですから、お薬のように、いつ飲むべき、などの決まりはありません。但し、空腹時の方が、成分を吸収しやすくなるため、食事と食事の間や就寝前などがオススメです。

また、白井田七は一日あたり4粒から8粒が目安の量ですが、2~3回に分けて飲むと良いでしょう。

白井田七のQ&A

一緒に飲んではいけない薬はある?

基本的に白井田七は健康食品になりますので、お薬との飲み合わせは考慮する必要はありません。

ただし、一般的に、例えば胃薬などとの飲み合わせを考えると漢方の吸収が悪くなるなど、全く影響がないとは言い切れませんので、お薬と一緒に飲む場合には、かかりつけ医や薬剤師さんに相談してみると良いでしょう。また、白井田七の用量はキチンと守って飲むようにしましょう。

漢方薬と併用は意味ある?

他の漢方薬との併用は、場合によっては、成分が重なってしまい、過剰摂取につながる事になりますので、知識を持った薬剤師さんなどに相談してみて下さい。

お茶やコーヒー、ジュースで飲んで大丈夫?

お茶やコーヒーにはカフェインが含まれていますので、場合によっては白井田七の成分の吸収を妨げてしまいます。また、ジュースで飲む事による副作用などは考えられませんが、やはり、水や白湯で飲むのが吸収を妨げず、おすすめ出来ます。

男性が飲んでも意味ある?

白井田七は、更年期障害の改善に良いという事で、女性向けのサプリなの?とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな事はまったくありません。

近年男性にも更年期障害が起こることがわかってきましたし、ストレスや生活習慣による自律神経の乱れ、体調不良は男女関係なく起こりますから、血の巡りを良くしたり、心身の健康維持に効果的なサポニンを豊富に含む、無農薬・天然素材で安心の白井田七は、男性女性問わずオススメ出来ます。

あわせて読みたい
【更年期のイライラやのぼせに効果?】更年期サプリのおすすめランキング 更年期におすすめのサプリをランキングにしてまとめてみました。また、更年期症状とはどんなものなのかや、更年期サプリの成分、副作用など気...